DRERICH

レンタルドレスなら東京・横浜・大阪・福岡・大宮・名古屋全国6店舗のDRERICH!ドレス単品8500円~、ドレス+小物+コーディネート込み13,500円!NHKやTVで取材されたスタイリストがコーディネートしてくれるレンタルドレス。ゲストドレス・ウェディング&タキシード・謝恩会・ブライズメイド・子供ドレスなど、多くのシーンに合わせコーディネート。全国配送OK!ネットでレンタルも承ります。


洋服の関連情報

洋服(ようふく)とは、西洋服の略で、西洋風の衣服のこと。英語の western clothes におおむね該当する。ヨーロッパの服飾に起源を持つが、列強各国の各地進出に伴なって、アメリカ大陸やオセアニア等の植民地をはじめ、世界各地で広く用いられ、19世紀末以降の近代化とともに、中国や日本等でも使用されるようになった。この過程で、日本語や中国語、朝鮮語において、伝統的な衣服(日本の場合和服・着物)に対する概念として、これらの西洋起源の衣服が「洋服」と呼ばれるようになった。それ以前には、オランダ(阿蘭陀)から来きた服という意味で蘭服(らんふく)、南蛮服(なんばんふく)、紅毛服(こうもうふく)と呼ばれていた。洋服は各地の伝統的な服飾の要素も取り入れながら発展し、民族服の形成・変化にも影響を与えた。現在では、背広やドレス、シャツとズボンやスカートの組み合わせ等の他、アメリカ合衆国を中心に発展した簡素なTシャツ、ジーンズ等が世界中で使用されている。今日の日本では、洋服が一般的になったため、単に「服」といえば洋服を、「着物(きもの)」といえば和服を指すことが多い。何百年も前から人々は自分を表す為に洋服又被服を纏ってきた。 縫製技術から見ると、和服が直線に裁った生地を縫い合わせるのが基本であるのに対し、洋服は身体の形状に合わせて曲線的に裁った生地を縫い合わせるのが基本である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ドレリッチなら、東京で間違いのないドレスのレンタルをさせてくれます。東京都内には、確かにたくさんのドレスレンタル業者が存在していますが、ドレリッチは選ぶことができるドレスの種類も豊富ですし、お値段も当日13500円からといった具合に、かなりリーズナブルな設定になっているでしょう。コストパフォーマンスよく、目的通りのドレスをレンタルしたいと感じている人すべてに、お勧めすることができる選択肢だといえます。ちなみに、これからドレスをレンタルしようとしているのであれば、まずはドレリッチとコンタクトを取る必要があります。店頭に足を運ぶやり方もありますが、インターネット上でやり取りをすることも可能なので、自分にとって都合の良いやり方で実践しましょう。店頭なら、試着をすることができるので自分にぴったりと合ったドレスを、間違いなく選ぶことができます。サイズが合わなくなってしまうリスクを恐れているのであれば、確実に選ぶことができる店頭に足を運んだほうが無難です。また、日ごろから忙しいのであれば、インターネット上からお願いした方が良いでしょう。パソコンやスマートフォンがあれば、時間と場所に縛られずにその場でドレスレンタル業者を選ぶことができるので、非常に便利です。もちろん、ドレリッチも親切丁寧にインターネット上で応対してくれます。ちなみに、ドレスの送料等に関しては一律で片道2000円となっているので、気をつけておきましょう。ドレスのレンタル料金に加えて、トータルでどれくらいの金額になるのか、必ず確認した上で、お願いをすることが重要となります。ウェディングドレスやその他パーティードレスやタキシードなどといった具合に、様々な物が用意されているので、見事にこちらのニーズに合わせてくれるはずです。ちなみに、東京だけではなく、ドレリッチは大阪、そして横浜等の全国6店舗で展開をしています。いろいろな地域で様々なニーズに応え続けている、信頼性の高いお店だと言えるでしょう。
Tagged on: , レンタルドレスなら東京・横浜・大阪など全国6店舗運営のdrerich